住宅事業

service

i-works project

"誰もが心地よいと思える家を、手が届く価格で"

"誰もが心地よいと思える家を、手が届く価格で" i-works projectは建築家・伊礼智氏が考える新しい家づくりの形です。伊礼氏が長い年月をかけてブラッシュアップを重ねていった、設計のあらゆる”標準化”により、行き当たりばったりのない安心感のある家づくりが可能になります。
わたくしども株式会社松下組は熊本県南部地区のi-works projectビルダーとしてプロジェクトに参加しています。

目指したのは、
プレタポルテな
家づくり

「プレタポルテ」とはアパレル業界で「質の高い既製服」という意味の言葉です。誰かのためのフルオーダー住宅を「オートクチュール」と例えると、i-works projectは建築の標準化によりオートクチュールのような上質さを備えた既製服「プレタポルテ」。プレタポルテを手が届きやすい価格で提供する、それがi-works projectの狙いです。全国で公開されているi-works projectの実際の建物を見て体感し肌で触れて確認し、納得した家づくりを進めることで“間違いのない”家づくりが可能になります。また、それぞれのプラン(現在は1.0~4.0の4種類)には間取りのバリエーションがいくつも準備されていて、幅広い選択肢を持っています。

小さな家で、
ゆたかに暮らす

小さな家は、決して“狭い家”ではありません。むしろ、必要以上に大きく広い家は、住まい手がゆっくり落ち着く空間を見つけることが難しい家になってしまうことがあります。小さな家を広々と住むための工夫を考えることこそが、設計の醍醐味です。余計な空間をそぎ落とし、本当に必要な空間の密度を高めることが心地よい家を生み出します。
また、家を小さくすることで、限られた予算を質の高い材料や庭づくりに割り当てることが可能となり、住まい手にとってゆたかな暮らしを作ることができます。必要なものとそうでないもの、これからの生活を整理することで無駄をなくし少ないエネルギーで暮らす。不必要な空間にエネルギーを費やすこと無く、環境にも優しい住まいはこれからの日本にとってとても大切なことです。

永く飽きのこない
住まい

家づくりを考えるきっかけは人それぞれですが、住まいは洋服や車のようにおいそれと買い替えができない代物です。20年、30年先を見越して永く飽きのこない住まいとすることは、住まいの耐久性と同じくらい大切なことです。趣味や感性や暮らし方は年齢とともに変わっていっても、一度建てた家はずっと変わりません。「その時の趣味嗜好や暮し方」を優先して家づくりを進めてしまうと、将来自分たちの価値観と違う家に住まなくてはならなくなるかもしれません。

i-works projectのシンプルで上質な空間は、住まい手の暮らし方や感性が変化しても、永く変わらず住まい手に寄り添うことができます。

2013年度
グッドデザイン賞受賞

日本らしい佇まいを持った、簡素だけれども品格のある住宅を目指し、「長寿命性能・省CO2性能・快適性を備えた小さくても大きく暮らせる家を提供すること」を目的とした本プロジェクトは2013年度のグッドデザイン賞を受賞。審査委員からは、「建築を標準化する一方で施工は地域工務店を活用した工業化と手作り感のバランスをとる仕組み」「ユニット住宅でもなく注文住宅でもない建築のあり方を追求し地域貢献を展開する仕組み」「設計デザインに加えて工務店と建材メーカーによる『つくり手ネットワーク』という信頼価値」とういう点について高い評価を頂きました。また、つくり手ネットワークの企業もそれぞれの分野での取り組みや商品などでグッドデザイン賞を受賞しています。

建築家 伊礼 智

1982年、琉球大学理工学部建設工学科卒業後、東京芸術大学美術研究科大学院修了(奥村昭雄研究室)。丸谷博男+エーアンドエーを経て、1996年伊礼智設計室開設。2005年から日本大学生産工学部建築工学科居住空間デザインコース非常勤講師。2006年「東京町家・9坪の家」、2007年「東京町家・町角の家」でエコビルド賞受賞。2013年「i-works project」でグッドデザイン賞受賞。『建築知識』(2013年発行/エクスナレッジ)では700号記念企画「日本の住宅を変えた50人」に選出される。最近では韓国や台湾でも著書が翻訳出版され、国外でも注目が集まる。主な著作:『伊礼智の住宅設計作法』(2009年編集/ 新建新聞社・発行/ アース工房)/『伊礼智の「小さな家」70のレシピ』(2014年発行/ エクスナレッジ)他多数。建築誌を中心に作品紹介、コラム等多数掲載中。

i-works project

i-works project
プランバリエーション

「プレタポルテ」とはアパレル業界で「質の高い既製服」の意味。誰かのためのフルオーダー住宅「オートクチュール」ではなく、建築を「標準化」することにより、オートクチュールの上質さを纏(まとわ)った既製服を、手が届きやすい価格で提供する。それがこの i-works project の狙いです。

  • i-works 1.0

    1階にリビングダイニングと水まわり(お風呂・洗面)を、2階には個室を3つ用意し、一般的な家族が無理なく暮らすことのできる広さを確保しています。名作と言われる住宅に多く採用されている4間角のプランで、i-worksの基本プランと言えます。1.0のベースプランでは大きめのダイニングテーブルを置き、リビングにはソファのほか薪ストーブを設置。作り付けのデスクや収納、キャビネットも備え付けています。

  • i-works 2.0

    i-works1.0 よりも、一回りコンパクトな、3.5 間x3.25 間でまとめたプランです。コンパクトな中にも、ベッドルームや和室といった、暮らす人の居場所を確保。籠れる和室やインナーバルコニー、多くの収納等、限られた面積の中で考え抜かれた全く無駄のない空間構成になっています。狭い敷地であっても、ゆたかな暮らしを可能にします。小さい家こそ伊礼氏の設計の真骨頂であり、その手腕が大いに発揮されています。

  • i-works 3.0

    i-works1.0と2.0の”ちょうど中間”の3.5間角のベース。納戸付きの広々とした玄関スペースに加え、L型のキッチンを採用して、回れる家事動線を実現。オプションとして下屋(写真左側の1階部分)を足すことで、余裕ある空間構成を実現することが出来ます。また、i-works3.0は「時間の変化への対応」をテーマのひとつとして設計されていて、ライフスタイルのに合わせて間取りを変えることができます。

  • i-works 4.0

    平屋を基本にちょっとしたロフト空間を備えた平屋プラスのお家。素材感や美しさはそのままにi-works が造る上質な平屋。非常に珍しいコックピット型(コの字型)キッチンと、回遊できるリビングダイニング、通り抜け出来る両側壁面収納スペースなど見どころ満載。ロフト空間を2つの個室にカスタマイズすることで、最大4LDKとなり子育て世代にも充分対応可能です。"i-works4.0あしきたモデルハウス"はこのプランがベースになっています。

i-works project
作品実例

モデルハウスの
ご案内

小さな家で
ゆたかに
暮らす

i-works4.0あしきたモデルハウス

OPEN: 毎週土曜日・日曜日 10:00~16:00

             

九州南部豪雨災害により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。町内の状況を考慮し、しばらくの間モデルハウスの見学を事前予約制とさせていただきます。              



当社の"i-works4.0あしきたモデルハウス"は、建築家・伊礼智氏が全国で展開している規格住宅"i-works project"のプランの一つで、ロフト付き平屋がコンセプトとなっています。国内で9ヶ所あるモデルハウスの一つで、九州では同タイプはこちらのみとなっています。見学ご予約は下記予約フォームにて受け付けていますので、お気軽にご連絡下さい。(電話、メールも可)毎週土曜日と日曜日の10:00~16:00はスタッフが常駐していますので、ご予約不要でご見学頂くことが出来ます。
しつこい営業は致しませんので、インテリアや庭づくりに興味がある方など、ご自宅の建築予定がない方でもお気軽にお越しください。その他、さまざまなワークショップやイベントなどの開催情報もインスタグラムでお知らせいたします。ワークショップでは家づくりのことだけではなく、衣食住や趣味などに関わるさまざまな内容を企画し、皆さまにお楽しみ頂きたいと思っております。

  • 耐震等級2等級(地震などに対する強さ 最高3)
  • 劣化等級3等級(家を長持ちさせる対策 最高3)
  • 維持管理等級3等級(配管の清掃補修のしやすさ 最高3)
  • 省エネ対策等級4等級(断熱性能の高さ 最高4)

当モデルハウスの作庭は、日本全国で活躍中の造園家・荻野寿也氏に手掛けて頂いたものです。荻野寿也氏が創り出すランドスケープと、伊礼智氏が設計した建築はお互いに深く調和し、溶け込むような一体感を生み出しています。造園工事はワークショップ形式で行い、当日は九州各地から参加者が集まって造園や景観設計について学びました。庭づくりをおこなうことで、建物もまた四季によってそれぞれ違った顔を見せるようになります。季節ごとに表情を変える草木や花々と共に生活することは、現代人にとっての本当の”豊かな暮らし”をつくるヒントになります。

荻野 寿也【荻野寿也景観設計】

1960年大阪府生まれ。
1989年家業である荻野建材に入社。同時に緑化部を設立。
ゴルフ場改造工事を機に樹木、芝生を研究する。
1999年アトリエが第十回大阪府みどりの景観賞奨励賞を受賞。
以後、独学で造園を学ぶ。
2006年荻野寿也景観設計開設。2013年長野県松本市景観賞受賞。

モデルハウス
アクセスマップ

熊本県葦北郡芦北町宮崎263-26
(湯浦諏訪神社境内入口)
自動車でお越しの方:芦北ICから車で10分
電車でお越しの方:肥薩おれんじ鉄道【湯浦駅】から徒歩10分

ご来場予約フォーム

フォームからのご予約を受け付けております。お電話でのご予約は0966-86-0065までお問い合わせください。
ご予約・お問い合わせはメール i_works@matsushitagumi.com からでも大丈夫です。

ご希望のご連絡先へ当社より予約完了、もしくは日程調整のご連絡を差し上げます。 ご希望の日時に沿えない場合は当社より日時をご相談させて頂く場合もございますので余目ご了承の程お願い申し上げます。 しつこい営業等は致しませんので、お気軽にご来場ください。 お客さまの入力情報はSSL暗号化通信により、暗号化されて守られております。

ご来場希望日時 【必須】
お名前 【必須】
ふりがな
メールアドレス 【必須】
電話番号 【必須】
連絡方法
その他ご質問等

casacago

"組み合わせる家"

"組み合わせる家" 高い建築費を払いながら、物置と化す部屋がある。空いているのに、なぜか使われない場所がある。余計なものが多すぎる、これまでの家づくり。そんな視点で開発されたcasa cagoは6畳のcagoを、暮らしに合わせて「組み合わせる家」。ライフスタイルにフィットした住まいが本当の豊かさを連れてくる。casa cagoで、より自由な人生を手にいれよう。

concept 01
CASE STUDY

concept 01
CASE STUDY

ほしい暮らしを手に入れるベストな方法とは?

「cago」の答えは、1つではありません。

casa cagoは最少単位のcagoを組み合わせてつくる家。家族構成、暮らし方、土地形状、ロケーションなど、条件やニーズに合わせて家のカタチや部屋数が選べます。住まいとしてはもちろん、人気の小屋や離れとしてプラスしたり、ウイークエンドハウス、SOHO、ショップ、カフェにしたりと幅広い利用が可能。様々な暮らしの多彩なニーズに応えます。

concept 02
COMBINE

concept 02
COMBINE

1カーゴ=6畳。最小単位のピースを組み合わせた多様性に富むプランバリエーション

日本人にとって6畳という広さはイメージしやすく、使いやすい、ちょうどいいサイズ。casa cagoは、この6畳を最小単位の1cagoと決めました。

たとえば1つのcagoにデスクとベッドを置けば子供部屋に、2つ合わせればダイニング&キッチンに。3つ並べればLDKになどなど、組み合わせ方次第で、どんな暮らしにもフィットする快適な空間が生まれます。

concept 03
A RULE FOR DESIGN

concept 03
A RULE FOR DESIGN

規律あるデザインが、美しさと強さと自由を生む

これまでの家づくりは、お客様がゼロからオーダーするか、メーカーが商品化した完成形から選ぶか、というごく限られた選択肢しかありませんでした。
casa cagoは、家全体を商品化するのではなく、一つひとつのピースから規格化し、それを住まい手が組み合わせることで初めて完成する家。規律あるデザインが生む機能美と高い強度を備えた、住む人の理想を描ける自由な家です。

  • RULE 01

    規律あるものからしか生まれない美しさと調和

    casa cagoを構成するのは6畳サイズのビース。6畳の倍数でつくるから、どのように組み合わせても、常に美しく調和のとれた落ち着きのあるフォルムができ上がります。

  • RULE 02

    シンプルな設計だからこそ際立つ住まい手の個性

    casa cago はとてもシンプル。余計な装飾やデザインをなくした分、まっさらなキャンパスのように、住まう人が自分の個性やセンスを自由に表現することができます。

  • RULE 03

    完成した四角いピースだから地震にも強い

    1つ1つが独立した四角いピースを組み合せて空間構成しているので、地震の揺れなどによる外力をバランスよく分散させ、優れた耐震性を発揮します。

自由に組み立てる
6畳から始まる
カーサの家づくり

受注生産ではなく、
プロダクト化(規格化)することで良質な資材をリーズナブルに。

casa cago は[6畳=1cago]という最小単位のピースを規格化するところからスタートしました。組み合わせ方でフレキシブルに対応できるピースの設計をはじめ、建材や部材、建具までオリジナルで開発。厳しい管理体制の下で大量生産することにより、高品質な商品をより低コストで安定的に提供することに成功しています。

柱や貼りだけではなく建具も規格・デザイン化

インテリアテイストがバラバラでは理想の空間は望めません。casa cago は建具やパーツを独自に開発。統一感のある美しいコーディネートが実現できます。

メンテナンスがしやすく、将来も安心の資産価値の高い家

平屋のcasa cago は、屋根が低く脚立でも手が届くため、自分たちでメンテナンスが可能。小まめなメンテナンスは家を長持ちさせることにも繋がります。

いい家を低コストで。手の届く平屋

これまでの平屋は、広い敷地でないと建てられない、屋根と基礎にコストがかかる、などの理由から、割高なイメージがありました。casa cago は平屋を規格化することで、大幅なコストダウンを実現しました。